© ぶらり寺社めぐり

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon

和多都美神社

長崎県対馬市豊玉町仁位55

tel:0920-58-1488

和多都美神社(わたづみじんじゃ)

御祭神は、彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)、豊玉姫命(とよたまひめのみこと)です。
山幸彦(御祭神・彦火火出見尊)が辿り着いた「海宮」との伝承が残される地。
日本の神話とゆかりの社(山幸彦・海幸彦神話)参照


神代の昔、海神である「豊玉彦尊(とよたまひこのみこと)」が当地に宮殿(海宮・わたづみのみや)を造ります。
豊玉彦尊の御子には一男二女があり、一男を「穂高見命」、二女は「豊玉姫命」「玉依姫命」と称しました。
ある時「彦火火出見命(山幸彦)」が、なくした釣針を探しにこの地を訪れ、この海宮に三年滞在し、
豊玉姫を娶り結婚をした、との伝承が残されています。
日本神話で語られる「山幸・海幸伝説」は当地が発祥とも伝えられています。

和多都美神社の参道にたつ鳥居(神話の里の鳥居)。
赤く大きく、とても目立つ

和多都美神社付近に広がる内陸湾。
陸地の両岸がリアス式状に複雑に入りくみ、見事な景勝を作っている

視線を左に転じれば、海上に鳥居。
(右が和多都美神社の一ノ鳥居、左が二ノ鳥居)
その奥には「真珠の浜」が広がっている

「玉」を持つ女神像。
御祭神の豊玉姫命か?

この地は、「山幸彦・海幸彦神話」の伝承地。
写真は「干珠瀬(かんじゅせ)」。
神話には海の満ち引きを司る珠が登場し、その内容にあやかって
つけられた岩礁。近くには「満珠瀬(まんじゅせ)」と呼ばれる岩礁もある

「玉の井」
「神話において、山幸彦(彦火火出見尊)と豊玉姫が出会った場所」との
説明書きがなされていた

和多都美神社の一ノ鳥居。
鳥居は全部で五つあり、一番外側の一ノ鳥居は湾上に浮かんでいる

二ノ鳥居
鳥居の中に一ノ鳥居が見える。
満潮時には、この鳥居も水の中となる

二ノ鳥居から、山側の三ノ鳥居を振り返る。
満潮の時は、社殿の近くまで海水が満ち、その様は龍宮を連想させる

三ノ鳥居をくぐって左手に祀られている「磯良恵比須の磐座」。
※右の写真が磐座。左の写真は鳥居(上から見ると三角形の形をした変わった鳥居)。

 

「磯良恵比須の磐座」にはうろこ状の亀裂が見られる。
「古い祭祀における霊座か御神体石だったのではないか」との案内板に記されていた

四ノ鳥居と社号標
四鳥居の奥に五の鳥居があり、その奥が拝殿となる

拝殿前の狛犬

拝殿

御本殿

御本殿

御本殿の向かって左に配された境内社

御本殿の向かって右の境内社

御本殿近くに祀られている御神石。
何かいわくのある石なのだろうが詳細不明。
木組みの鳥居は、独特の三本立ち

社殿の奥に広がる社叢。
鬱蒼とした雰囲気

少し歩くと社叢の雰囲気が一変。
光射す杉並木が現れ、神域感漂い出だす

社叢の奥に祀られた、御祭神である豊玉姫命の墳墓(御陵)

墳墓の左に2石の夫婦岩

墳墓の右手の岩

墳墓の参道から鳥居を望む。
背後の森が印象的

境内の横を流れる川。
川は内陸湾へと静かに流れ込んでいる。
神話の舞台、和多都美神社。
幽玄な雰囲気にあふれ、多くの史跡が祀られた、印象深い社だった

対馬・参拝メモ


対馬に来島したのは2009年8月1日。
東京から福岡に行き、福岡から対馬に飛行機で入った。
※対馬の到着は10:35。


空港でレンタカーを借り、対馬の神社を巡拝。
「海神神社」
「和多都美神社」
「住吉神社(鴨居瀬)」
「住吉神社(鶏知)」
「厳原八幡宮」と巡った。


レンタカーはヨシナガレンタカーを利用。(空港店:0920-54-4111)
空港と厳原港に窓口があるのでとても便利。
ちなみに対馬の観光案内所は0920-52-1566

対馬の次は壱岐の神社を巡る。
壱岐行きのフェリーは、こちらの時刻表などを参照。
http://www.kyu-you.co.jp/

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now