© ぶらり寺社めぐり

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon

戸隠神社・火之御子社

長野県長野市戸隠宝光社

tel:

戸隠神社・火之御子社(とがくしじんじゃ・ひのみこしゃ)

御祭神は、天鈿女命(あめのうずめのみこと)です。
高皇産霊命(たかむすびのみこと)、栲幡千々姫命(たくはたちちひめのみこと)、
天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)が配祀されています。


創建は天福元年(1233年)。
戸隠神社は、戸隠山周辺に鎮座する五社(奥社、中社、宝光社、九頭龍社、火之御子社)の総称です。
戸隠山の神様が神仏習合されていた時代でも、他の4社と異なり、一貫して神社として終始していました。
御祭神は、舞楽芸能の神、縁結の神、火防の神として尊崇されています。

火之御子社の鳥居と参道階段
戸隠神社・中社より約1kmほどの場所に鎮座

参道の両側に杉の巨木。正面に御社殿

御社殿
火之御子社は、戸隠五社の中で唯一仏教の影響を受けなかった神社とのこと。
社殿の造りは簡素で境内の佇まいも静か

御社殿

さほど広くなく静かな境内

杉の木の根元に祠が祀られていた

参拝メモ

今回の参拝は2009年6月中旬。
1年半ぶり、3度目の参拝。(奥社は2度目)

最初は2007年の夏、2度目は2007年の冬だった。

参拝にあたり、過去2度とも長野駅からバスを利用。
戸隠へ向かうバスは1時間に1本程度で、長野駅から中社までは約1時間かかる。
※バスの時刻はこちらを参照。

バスを利用する場合、中社から奥社までは徒歩で赴く。
「神道(かんみち)」という山道をゆくのだが、約20分ほどかかる。

ゆっくりと自然に浸る旅がしたければ、神道を歩くことをお勧め。
※宝光社や観光施設などをいろいろまわりたいのであれば、レンタカーがお勧め。
(今回はレンタカーを利用した)


2度目の参拝は冬(12月下旬)だったのだが、戸隠の冬は雪に埋もれる。
雪の中、中社は何とか参拝できるのだが、奥社へ赴くのはちょっと厳しい。

春になっても、奥社はしばらく雪に埋もれる。
神社に確認したら、参道から雪がなくなるのは5月下旬ごろとのこと。

社殿背後の社叢

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now